作品について

作陶:『大雪窯』三代目 板東光太郎氏

北海道の自然がモチーフです。あたたかい雪をイメージしたマットな白に、木立ちを思わせる模様が控えめに描かれています。セット内容は、小ぶりの椀と、小鉢、長皿、角皿、取り皿にも使える箸置きの5点です。

椀類はぽってりと厚めで、手に持ったり口に付けたときに柔らかく自然の温もりを感じさせてくれます。味噌汁やスープだけでなく、ジュースや、付けたれ、ご飯ものなど、さざまなメニューに使っていただけます。あえて轆轤(ろくろ)感を残してありますので、両手でそっと包んでいたくなるような安定感を与えてくれます。小鉢は、アイスクリーム、ヨーグルト、フルーツ、茶碗蒸し、玉子とうふなど、患者さんが好む補食にぴったりサイズです。市販のカップからこの器に入れ替えて使っていただきたいと思います。長皿は普段の料理を少しずつ2分け、3分けに並べるだけで見た目をぐっと美しく演出してくれます。また副食だけでなく、おにぎり、サンドイッチ、パン、冷やしめんなど主食類もセンス良く美味しそうに見せてくれます。マットな白の器はどんな食材やメニューもおおらかに受け入れてくれます。

陶芸家の陶器は普段使いすることが少ないと思いますが、是非、日々の食の演出に活用していただきたいと思います。尚、全て手作り品のため毎月限定数の販売となります。裏には手書きサインが入っています。【半磁器】陶器と磁器の性質を併せ持っており、陶器に近い風合いながらある程度丈夫で電子レンジや食器洗い機の使用も可能なので、日常使いしやすい食器です。

  • ご購入はこちらから