食欲増進の方法は食べやすい料理や食器がポイント!

食欲増進の方法は食べやすい料理や食器がポイント!

食欲増進の方法でお困りの方へ〜五感食のすすめでは食の楽しさを演出する食器を作りました〜

食欲増進方法をお探しの方へ、ぜひおすすめしたいのがオリジナル食器「五感食喜」です。食事は毎日のことだからこそ、「食べるのがつらい」「食べたくない」と悩むのはつらいものです。

五感食のすすめでは、少しでも食事の悩みが軽減できればと思い、五感が心地よく感じる食器・雑貨を作りました。使いやすさはもちろん、見た目、ぬくもり、手触りなど、食事に楽しさや喜びを感じられる工夫を施しています。和食や洋食、中華など様々な料理と相性が良いデザインですので、飽きることなく毎日お使いいただけます。

食欲増進の方法は食べやすい食事、そして五感で楽しむことがポイントです

食欲増進の方法には様々なものがあります。食べやすい食事にすることはもちろんですが、味や香り、見た目など五感で楽しめる料理にすることが大切です。特に病気で療養中の方は、病気と戦うために体力を維持しなければなりません。しかし、食事が義務になると、本来楽しいはずの食事の時間が辛いものになってしまいます。

楽しく食事をするためには、ちょっとした工夫や気持ちが大切です。たとえば、食器や盛り付けに一手間かけたり、香りを楽しんだりなどが挙げられます。食事の楽しみは食べるだけではありません。目で、鼻で、手で、食感で楽しむことができます。五感食のすすめでは、五感を研ぎ澄まし食事がもっと楽しくなる食器・雑貨を作りました。療養中の方や体調不良の方などに、お試しいただければ幸いです。

がん患者の方やご高齢の方、うつ患者の方が食欲不振の際にできる工夫

食事は誰でも等しく楽しめるものです。しかし、中にはがん患者の方やご高齢者うつに悩まされているなどの理由で食事を十分に楽しむことができない方もいらっしゃいます。そのようなときは、盛り付け方を工夫してみましょう。日本には様々な盛り付け方法があります。盛り付けを工夫するだけで料理の見た目を楽しめ、食欲増進を促すことができます。

平盛り

料理同士を密着させて平面的に並べる盛り付け方法です。代表的なものに刺身などが挙げられます。
素材本来の良さを引き出し、どの角度からでも綺麗に見えるのが特徴です。

流し盛り

同じ大きさ、形の素材を傾けて流すように盛り付ける方法です。
傾ける方向は左右どちらでも良いですが、一般的には右に傾けて盛り付けていきます。

散らし盛り

異なる素材を離して余白を作る盛り付け方法です。
食器も料理を彩る一部と考えることで、料理の彩りをより楽しむことができます。

上記の他にも一点盛りや天盛り、放射盛りなどがあります。
盛り付け方を工夫して、料理を五感で楽しんでいきましょう。


お役立ちコラム

食欲増進の方法をお探しなら

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/