小鉢など美味しく見える食器と木製カトラリーで楽しい食事を〜食器を長く大切にするために〜

小鉢など美味しく見える食器と木製カトラリーで楽しい食事を〜食器を長く大切にするために〜

美味しく見える食器(長皿・小鉢などの陶器)と木製のカトラリーで食事をより豊かなものに

毎日の食事をより豊かなものにするためには、美味しく見える食器に料理を盛り付けるのも1つの方法です。長皿や小鉢を始めとした五感食のすすめの食器は、マットなスノウホワイト色で、どんなお料理も美味しそうに引き立ててくれます。また、陶器の他にも、蜜蝋とクルミのオイルで仕上げた軽く美しく、持って心地よい木製カトラリーもございます。

普段の食卓を特別に、五感を心地よくしてくれるオリジナル食器はギフトにもおすすめ

五感食のすすめのオリジナル食器は料理を美味しそうに見せるのに加えて、「五感の心地よさと食の喜び」をコンセプトにしています。つわりなど妊娠している方や病気で食欲不振の方の中には、食事が楽しめないとお悩みの方も少なくありません。美味しく見える食器を、食事を楽しんでもらいたい大切な方へのギフトに選んでみませんか?

美味しく見える食器をより長くご愛用いただくための保管方法

美味しく見える食器など、お気に入りの食器は長く大切にしたいものです。食器を収納する際には、いくつかポイントがあります。

滑り止めシートを活用

食器は出し入れの際の、ちょっとした不注意ですべり落ちてしまうことがあります。大切な食器を割ってしまわないためにも、ズレにくい滑り止めシートを活用することをおすすめします。滑り止めシートは食器がすべり落ちるのを防ぐだけでなく、食器を置く時の音を小さくし、食器棚に傷を付きにくくしてくれます。

重ねすぎない

食器を多く重ねて収納すると、下に置いてある食器ほど使い勝手が悪く取り出しに苦労しますし、落として割ってしまう可能性も高くなります。重ねすぎず、詰め込みすぎないような食器の収納を意識することが大切です。重ねすぎないようにすれば、食器棚もスッキリして気持ちよくなります。


お役立ちコラム

美味しく見える食器をお探しなら

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/