病気の気分転換なら食事に手軽なひと工夫を〜状態に合わせたお料理が食べやすくなる方法〜

病気の気分転換に「食」を楽しくする食器を

病気の気分転換に「食」を楽しくする食器を

気分転換病気の時こそ大切です。病気で食欲不振に悩まされている方は、全く食べる気になれない時もあると思いますが、発想の転換次第では「食」はただ栄養を摂るだけでなく、生きる活力を生み出すことにもつながります。

例えば同じ料理でも、食器1つ変えるだけで気持ちが変わってくるのです。五感食のすすめでは毎日の食事の時間が気分転換になるような、あたたかみのあるマットな白が特徴の食器をお届けしています。

病気の気分転換は毎日の食事から〜五感が喜ぶ食器で自宅のお料理を手軽においしそうに〜

病気の気分転換になるような、自宅での毎日の食事が手軽においしそうに見える食器をお探しの方は、オリジナル食器「五感食喜」をお試しください。「五感食喜」は、北海道の職人が1つひとつ手作りしたもので、病気で食欲不振にお悩みの方でも毎日の食事が特別に、楽しくなるようにと作った食器です。和食だけでなく様々な食事に合う食器ですので、ぜひ毎日の食卓にご利用ください。

状態に合わせて食事が食べやすくなる方法

病気になると、様々な要因から食欲が低下することがありますが、その時の状態に合わせて工夫を凝らすことで、食事をしやすくなります。

口内炎や食道炎がひどい時

化学療法や放射線療法(頭頸部や胸部照射)の副作用によって、口内炎や食道炎が起こる場合があります。口内が刺激されると痛みが増してしまいますので味付けの濃い料理は避け、だしをきかせた薄味の口当たりのよい食事にします。また、食事の温度は熱すぎず冷たすぎない人肌程度がよく、柔らかく水分のある料理にすると食べやすくなります。

吐き気やおう吐のある時

吐き気は、消化管の通過障害や化学療法・放射線療法の副作用、便秘、消化管の閉塞などによって起こる場合があります。吐き気の原因によっては食事を避けた方がよい場合もありますので、まずは担当医に相談が必要です。

吐き気やおう吐のある場合は、口当たりが良く脂肪の少ない油っぽくない料理が食べやすいです。気分の良い時に、少量ずつゆっくり食べるようにしてみましょう。においや見た目なども食欲に関わってくるので、食事量や盛り付け、食器などに配慮するのも1つの方法です。


お役立ちコラム

病気の気分転換をお考えなら

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/