がん患者の方の気分転換に自宅での食事を楽しめる食器を

がん患者の方の気分転換に彩りのある食事をお考えなら料理が映える食器を取り入れましょう

がん患者の方の気分転換に彩りのある食事をお考えなら料理が映える食器を取り入れましょう

気分転換がん患者の方をはじめとして、食事制限を受けている方や健康状態によって食欲がわかないという方などにも大切です。気分転換といっても、いつもは行かない場所に足を運んだり、いつもとは違った取り組みをするだけではなく、発想の転換で何気ない日常を彩ることも一つの方法です。

例えば、食事に利用する食器料理が映えるものに替えることで気分転換となり、「少しだけでも食べてみようかな」という気持ちにさせてくれます。

ご病気がつらくて食生活に悩みを抱えている方、それを支えるご家族の方、食事のサポートに携わる方たちが自然と食事を楽しめる。そのお手伝いとして「五食感のすすめ」では、心地よくお使いいただける食器をご提供しております。

自宅で見た目にこだわるお食事タイムを

自宅で見た目にこだわるお食事タイムを

日本では料理はもちろん、それを彩る食器にもこだわることで食欲をそそる食卓を演出すると言われています。私たちはそうした日本人らしい繊細な感性を持ち合わせており、「視覚が味の8割を左右している」と言われるほど食卓の彩りに注目します。普段、料理の見た目を気にしないという方でも、実際に彩りのある食卓を目の前にするといつもとは違った刺激を感じられることでしょう。

食事に関してお悩みをお持ちなら、まずは見た目からこだわることをおすすめします。「五感食のすすめ」がご提供する「五感食喜」は、五感が心地よく感じられるような美味しさを演出してくれる仕上がりとなっておりますので、ぜひ毎日の食卓にご利用ください。

がん患者の方の気分転換を目指し「食べたい」を刺激するオシャレな雑貨を食生活に

がん患者の方の気分転換として自宅での食生活を考えるなら、食べやすい料理や食事の量に注目するとともにオシャレな雑貨を取り入れてみてはいかがでしょうか。デザイン性のある雑貨は何気ない日常を彩るだけではありません。

口に触れるスプーンや器などは料理の美味しさを引きたて、食べることに集中できる使い心地のよさを実感させてくれます。がん患者の方をはじめ食生活を通し気分転換を目指したいという方は、ぜひ「五感食喜」をお試しください。


お役立ちコラム

がん患者の方の気分転換に食事を五感で楽しめる食器を

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/