がん患者の方の気分転換は料理が鍵!食器や雑貨にもこだわりを

がん患者の方には気分転換も大切!自宅での食事は、見た目も楽しめるように工夫しよう

がん患者の方には気分転換も大切!自宅での食事は、見た目も楽しめるように工夫しよう

がん患者の方の気分転換には、まず食事が大切です。治療中は薬の副作用の影響で、食欲不振や吐き気などつらい症状が続きます。ときには、純粋に食事を楽しめない、食べたい気持ちさえ湧かないこともあるでしょう。

しかし、食事を楽しむことは生きる活力に繋がります。五感食のすすめでは、食欲が湧かないときでも食事に喜びを見出して欲しいという思いから、視覚・触覚・味覚・聴覚・味覚の五感すべてが心地よく感じる食器を作りました。

使いやすさや色合い、触感、材料など細部にまでこだわって作った食器です。療養中の方はぜひ、ご自宅での食事の際にオリジナル食器「五感食喜」をご活用ください。

がん患者の方の気分転換になる食器・雑貨を提供しています

がん患者の方の気分転換になる食器・雑貨を提供しています

がん患者の方の気分転換になる食器・雑貨をお探しなら、ぜひ五感食のすすめの食器・雑貨をお試しください。五感食のすすめでは、食欲不振のときでも食の喜びを五感で楽しめる食器や雑貨を取り扱っています。北海道の雄大な自然をモチーフにした大雪窯の和食器は、北海道旭川に住む職人による手作りです。色は北海道の晴れた日の雪原を彷彿させるスノウホワイトとなっており、様々な料理にお使いいただけます。

また、国産の材料で仕上げたカトラリーは、口当たりが良く美しいフォルムです。治療中の日々の食事に楽しさと喜びをプラスしてくれることでしょう。

治療中で食欲がないときはどうする?知っておきたい料理のポイント

がん患者の方は治療内容や病状によって、食欲不振や味覚の変化など様々な症状がでます。体力の衰えを防ぐためにも食事は大切ですが、無理をする必要はありません。まずは楽しく食事ができるように工夫していきましょう。食欲がないときは体調を見ながら、食べられる料理を食べていくのがポイントです。また、量を食べられないときは、彩りや食感を工夫してみましょう。見た目が鮮やかで美味しそうに見えるだけでも、気分転換になります。

料理を食べても味を感じない、金属のような味がするなど味覚が変化したときは、爽やかな香りの柑橘類やお酢で味に変化を付けるなど味付けを工夫するのがポイントです。また、料理の温度は人肌程度、もしくは冷やすと食べやすくなります。些細なことですが、これらのポイントを考慮しながら五感でも楽しめる料理を作っていきましょう。


お役立ちコラム

がん患者の方の気分転換に食事を五感で楽しめる食器を

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/