病気の気分転換は自宅での食事から〜食事の大切さ〜

病気の気分転換をするお手軽な方法をお探しの方は、毎日の食事から変えてみましょう

病気気分転換が必要な方におすすめのお手軽方法が、自宅での毎日の食事を変えてみることです。毎日の食事を義務的なものから、ちょっと工夫して楽しいものにすることは大きな気分転換につながります。五感食のすすめでは、どんな色の食材とも合わせやすい五感に訴えるようなオリジナル食器「五感食喜」をご提供しています。

病気の気分転換として、ぬくもりと自然の感じられる食器で自宅での料理を楽しもう

病気の気分転換として、ぬくもりと自然の感じられる食器で自宅での料理を楽しもう

病気の気分転換で食事に何かひと工夫が欲しいという方は、「五感食喜」でお料理を楽しんでみませんか?食器を好みのものや料理がおいしそうになるものに変えるだけでも、普段の食事は楽しいものへ変化します。

「五感食喜」は、食を左右する五感や食の喜びを意識した、毎日の食事を特別にしてくれる手作りの食器です。手作りならではのぬくもりや肌触りなどが魅力の食器を、ぜひお試しください。

食べることの大切さ

食べることの大切さ

がんやうつなど、様々な病気で食欲不振に悩まされる方は少なくありません。しかし、病気の時だからこそ、食に喜びや楽しさを感じることは生きる力につながると思います。食べることは、人間にとってどうして大切なのでしょうか?

食は生命の源

当然ではありますが、身体の機能を維持するためには栄養が必要です。特にがん患者の方の場合は、栄養状態が治療に直接結びついており、ビタミンやミネラルの不足など栄養不良になると、免疫細胞の機能が全般的に低下してしまいます。どのような病気でも、身体に必要な栄養を毎日の食事から摂取することが欠かせません。

腸を動かすことも大切

腸は食事から必要な栄養を取り入れ、不必要なものを排泄する重要な器官で、腸の粘膜には数多くの免疫細胞が存在します。しかし、食事をせずに腸が動かないと、粘液がただれて免疫機能が落ちてしまうとされているため、食事によって腸を働かせることは大切です。


お役立ちコラム

病気の気分転換をお考えなら

会社名 いんがい合同会社
住所 〒 078-8302
北海道旭川市3条通7丁目セブンビル2F アサヒカワ37
Mail contact@ingai.jp
Web http://gokan-shoku.com/